カート

GDPRへの準拠

GDPR は、2018 年 XNUMX 月に施行されたデータ保護法に代わるものです。

MediumAxis.com は、一般データ保護規則 (GDPR) の条件内で運営されています。 MediumAxis からデータを購入し、当社の制約内でそれを使用する場合 利用規約、データはほとんど GDPR に準拠しています。 ただし、すべてのメーリング リストについては、マネージャーに確認を求める必要があります。

当社のデータの多くは、企業レポート、プレスリリース、業界誌、ビジネスニュース Web サイト、企業 Web サイト、ソーシャルメディアなどの公的情報源から収集されています。 私たちは大企業とその企業内の主要な意思決定者に焦点を当てています。

当社は公的情報源からの情報を電話調査で補足し、関連する企業に XNUMX か月ごとにすべてのデータを確認します。

一般データ保護規則の主要な要件は、データが責任を持って使用されること、最新であること (ただし、どの最新であるかについての期限は指定されていない)、およびデータ主体 (リストに記載されている人物) に通知されていることです。彼らがメーリング リストに登録されていること、およびデータ主体がそのリストからの削除を要求していないこと。

MediumAxis Marketing のメーリング リスト上のすべてのデータ主体には、当社のメーリング リストに登録されていること、および彼らまたはその部門との協力を希望する潜在的なサプライヤーから連絡を受ける可能性があることを知らせる電子メールが送信されています。

個人が当社のマーケティング データベースからの削除を要求した場合、その名前は直ちに削除され、後日その名前が追加されないようにシステムが導入されています。 すべてのメールには購読解除とプロフィール管理のリンクが付いています。

Electric Marketing ビジネス リストのユーザーは、一般データ保護規則により次のことが求められます。

  1. ビジネスに関連するメールのみを送信してください。
  2. 購入済みリストを使用し、特定の個人に電子メールを送信する場合は、正当な利益に基づいて送信する必要があり、会社は正当な利益の評価を実施している必要があります。 電子メールには、プライバシー ポリシーと正当な利益の評価へのリンクが含まれている必要があります。
  3. メッセージに返信先アドレスがあることを確認してください (宛先が間違っている手紙をメール システムが返信できるようにするためです)。 これらの「消えたもの」を私たちに返却していただければ、私たちの記録も更新できます。
  4. 受信者が自分自身をリストから削除できるオプションがあることを確認する必要があります。
  5. 電子メール アドレスを使用している場合、電子メールには、その人があなたからの今後の電子マーケティング通信の受信をオプトアウトできるメカニズムが含まれている必要があります。 必要なのは、電子メールの下部に「今後の連絡を希望されない場合は、件名に『購読解除』という言葉を入れて返信してください」という一文だけです。 これは、2003 年プライバシーおよび電子通信 (EC 指令) 規制の中心部分です。

データを XNUMX か月以上使用しない場合は、ご自身で確認するか、Electric Marketing からリストの最新バージョンを購入することをお勧めします。 

GDPR では、メーリング リストを最新の状態に保つことが義務付けられています。

MediumAxis Marketing は、元の購入価格の 10% で、当社から購入したデータの四半期更新を電子メールで送信することを提案しています。

データユーザーが一般データ保護規則に準拠していない、または当社のデータを違法に使用していることが判明した場合、当社は違反組織をブラックリストに登録し、情報コミッショナーに報告する権利を留保します。

GDPR は、データの編集や更新に無頓着な悪徳企業から人々を守るために存在します。 よく調査され維持されているリストの正当なユーザーは、この法律を恐れる必要はありません。

電子メールリストを取得する 新商品、更新情報、ご注文状況などのお知らせをご案内させていただきます。
閉じる
通知を許可する